Large Display Size Middle Display Size Small Display Size

2014年 10月 の Release

(※ Release = 公開記事)

2014/10/29(水)

みなさんスプレーいっぱい持ってますよね?
そのスプレー、振るのか、振らないのか。
使うたびに迷っていませんか?

そのスプレー、振る?振らない? の記事を表示

2014/10/27(月)


▲Shadeで作成した水晶玉動画
 水の入ったコップに日光が当たると、卓上のコップの影に、キラキラとした光が映ります。
 これを コースティクス と言いますが、Shadeでコースティクスの設定をして左のような動画を作りました。
 …とはいえ、ちょっとピロピロしてて不自然なんですが、まぁいちおう綺麗なので…。


2014/10/5(日)

 10月ということでコスモスをShadeで作成しました。
 このページの右上背景画像と、最下部背景画像です。
 Wikipediaで10月について調べたら、10月の誕生花がコスモスなんだそうな…。

 「Shade」とはイーフロンティアが開発・販売する3DCG作成ソフトで、3次元物体のモデリングができるものです。3つのグレードがあり、私が使用している一番下のBASICグレードは1万円程度です。

 今回、花はそこそこ本物っぽくできましたが、枝葉が手抜きですね。
 まぁコスモスだとわかればいいや的な。

 これだけだとそれだけなので、Shadeの使い方について記事を載せておきます。

【Shadeの影のぼやかし方について】

 特に設定しないで、そのままレンダリング(モデリングデータから画像生成)すると、影がきっちりと描かれて、不自然な感じになってしまいます。(下図 左)



 ふわっとしたような自然なやわらかい影(上図 右)にするにはどうすればいいでしょうか。



▲レンダリング設定 画面
まずレンダリング手法を パストレーシング にします。

レンダリング メニュー>レンダリング設定
上部の 手法: プルダウンメニュー>パストレーシング 選ぶ


▲左レイトレーシング、右パストレーシング
左が レイトレーシング、右が パストレーシング の画像です。

ほとんど違いが判りませんが、レイトレーシング は花びらのエッジ(ふち)がわずかに粗いです。
 


▲影のソフトネスはレイトレーシングでは設定しても無効なので注意
次に 光源 の ソフトネス を調整します。

統合パレット>光源>詳細設定>ソフトネス>0.1 にします。


▲ソフトネス0.1
ソフトネス>0.1 にすると、
影はソフトになりますが、ずいぶん拡散した粒状の影になってしまいました。


▲ソフトネス0.02
では、
ソフトネス>0.02 にすると…

影がくっきりしてきました。
でも汚いですね。

影の色の濃さを下げましょう。


▲影の適用度(濃さ)
影の色の濃さを下げます。

統合パレット>光源>詳細設定>影>0.5 にすると…


▲影の濃さを1から0.5にした
影が薄くなりました。

けっこう自然です。
でもちょっと違う?


▲影の色を薄く変更。
試しに、影の色を 黒 から やや明るい黒 にしてみます。

統合パレット>光源>詳細設定>影 のとなりのカラーボックス
黒 から 少し明るい黒 に変更

▲影カラーボックスの色を薄く変更
こんな感じ。

シミみたいです。
影っぽくないですねぇ。

やっぱりただの黒に戻します。


▲ソフトネス0.01。自然な影になった
ただの黒に戻した後、
ソフトネス>0.01 にします。

影がよりくっきり目になりました。

これが影として自然かなぁ。
以上でやわらかい影の完成です。


まとめ
 やわらかい影にするには、パストレーシング にして 光源のソフトネス を 0.01、光源の影 を 0.5 にするとよい。
 ちなみに レイトレーシング で同じ設定をしても、やわらかくなりません。:-(



▲Final Fantasy 20 ~おしべめしべ・クリスタル・クロニクル~
とうとう20作目! なんてね
遊びで おしべめしべ をキンキラキンにしてみました。
ファイナルファンタジーのクリスタルみたいですね。







ページ制作 homepage6047



ページの上端へ (もくじ開く)