Large Display Size Middle Display Size Small Display Size

2016年2月 の日記

2016/2/28(日)

fig. ▲JavaScript class

ホームページを上や下ではなく、重ねる方向に文書を増やす方法。(1つのページの中でDIVタグなどを1か所に積み上げるイメージです)

拙作のJavaScriptクラス「IntegratedTags」を使います。

他人のプログラムは使いづらい、とは思いますが、そうならないように少し工夫してあります。

左の画像リンクをクリックすると紹介のページを開きます。



2016/2/21(日)

fig. ▲お姉さんはExcelのドローで作図しました。

右上のお姉さんの画像ができるまでの手順をまとめました。

どんな方法で描いたかをつづっています。

左の画像リンクをクリックするとそのページを表示します。



2016/2/14(日)

fig. ▲Blenderで作成したドーナツをJavaScriptで表示したところ。

以前、3DCG作成ソフトのShade3Dで作成したモデルをJavaScriptのデータに変換するWEBアプリを紹介したことがありました。

今回そのページを少し作り直し、「Shade3D」だけでなく、無料の3DCG作成ソフトである「Blender」での説明も加えました。

そのページはこちら→

これで誰でも3Dモデルを作成し、JavaScriptに変換し、手軽なJavaScriptで3DCGを扱うことができます。

繰り返し言うように、3DCG計算の原理は四則演算のみで可能で、プログラムも「これだけ?」と思うほど短いです。

JavaScriptでのゲーム制作などに役立ててください。



2016/2/11(木)

私は何かを行う方法をホームページにまとめる作業を個人的によくやりますが、ずっと前から<手取り足取り教えること>に疑問を持っていました。

好意のつもりで教えても、人はそれを喜ばないのでは?と。


私自身も、電子回路など頑張って取り組んでいる問題で、ウェブで検索していた時、すべてを教えているページが目に入ると、「あっ、これはまずいっ」と思って、あわてて見ないようにしていました。

自分も同じようなページを作っているような、作っていないような。かといってすべてを教えないなら、何をどの程度教えるのか?と、その辺がよくわからなかったんです。数年間ずっともやもやしてきました。

それで、今日になってようやくこんな答えを出しました。




私はこれをやればいいんだな。と思ったわけです。

でもこれって、世間でわりと当たり前で、しかも年中行われていることですよね?

自分はそれがわからなかった。

検索して私が「あっ、これはまずいっ」と思うページがあるなら、同様にこのことを知りたがっている人が必ずいるということなので、ここにこうやって図にして掲載した次第です。

自分のページの作り方が変わるといいな…。


ページ制作 homepage6047



ページの上端へ (もくじ開く)