Large Display Size Middle Display Size Small Display Size

2016 年 8月 の日記

2016/8/27(土)

変わった図を作ったので図だけアップしておきましょう。

Google Mapの営業カーではありません。


(Shade3D使用、パストレーシング)

上の店、下の店

***

昔は駅では改札に駅員が2,3人立っていて手作業で切符をパチンとやっていた。

昔は郵便ポストは赤い陶器製で筒形だった。

似たような今昔の違いで、今あるようなおもちゃ屋さんは昔は存在していなかったのでは?

そんなことを考えていて、駄菓子屋について考え始めた。

引き戸をガラガラと開けて店内に入るとおばさんがいて、店内にぎっしりとお菓子が陳列してある。

そこは入りやすい楽しい場所で、いつも目当てにしていた。

スーパーマーケットの一部にそういう引き戸の建物を作り、同じムードの昔の駄菓子屋を作れば、お客さんは喜ぶだろう。

そういう店は確か、上の店とか下の店とか呼んでいた。

「ちょっと下の店行って、あれ買ってきて」とか言っていた。

エクセルで描いたような駄菓子屋の店内は、その駄菓子屋を知っているからこそ如実に描けるのだ。

また、どんなに美麗な最新のコンピューターグラフィックスでも、この心を わかせる エクセルの図形の塊にはかなわない。

   

2016/8/25(木)

フランス人です。

ハワーユー?

How are you?は英語です。フランス語じゃないです。

ハワーユーはフランス語で"Comment allez-vous ?"なんだそうな。

2016/8/16(火)

fig.
▲スムーズに動く3D画面

「迷路で画面がスムーズに回転する」というあこがれのプログラムがあります。ゲームのファンタシースターの1作目のダンジョンは3Dでグリグリと動いていました。

そのプログラムの方法をみなさんにも教えたいと思っていて、今回とりあえず教材の完成版を作りました。二人で操作できるダンジョンになっています。サンプルなのでダンジョン内を移動できるだけで、ゲームにはなっていません。

左プレイヤーの移動ボタン


右プレイヤーの移動ボタン


左の画像リンクをクリックすると表示します。

core i5 2.3GHzのノートパソコン(4コア)で開発していたので、1コアや2コアなど低速なPCでは動きが遅いかもしれません。



ウリは前進、後退、右回転、左回転が3Dとしてスムーズに動くことと、3Dの計算に難しい数学の行列を使わず、グラフィックライブラリ(openGLやDirecctXなど)も使っていないということが大きな特徴です。

以前にも同じような3Dの迷路(これ※BGM鳴ります)を作っていますが、今回はそこそこプログラムがきれいになっていて(下記にプログラムへのリンクがあります)、動きもスムーズになっています。


どうして2プレイ?

どうして2プレイにこだわるのかというと、今の時代は1プレイは求められていないと思うからです。

Nintendo DSで一人のゲームの世界に はまっているよりは、2プレイでみんなでワイワイやっているほうが健康的です。それぞれが手元の小さな画面を見るのではなくて、みんなで1つのテレビ画面を見るのが良いと思うんです。

fig.
▲1プレイだといまひとつ

家族が集まったとき、左図のように画面が1個しかない1プレイ用の画面だと、家族には受け入れがたく…


fig.
▲2プレイだと盛り上がるような!

2プレイだとまだみんなでワイワイやれ て、受け入れられる可能性があるのではないかと思います。


ゲーム業界が衰退している原因の1つは、こういった世間が求めているものに十分に応えられていないというのがあると思います。


このプログラムはフリー素材

このプログラムのソースコードは私が作成しましたが、フリー素材として掲載しています。皆さんが自由に使用して構いません。

ただ、まだみなさんが使うために整えていないので、参考として見るだけになると思います。人のプログラムは理解するのが難しいですし…。

プログラムを見るだけなら下記「コード表示」リンク、フリー素材として使うなら「ZIPのダウンロード」リンクをクリックしてください。

コード表示:

javascript.html … 全体のおおまかな制御 ほか (これを実行する) コード表示
App.js … 3D描画、移動アニメ ほか コード表示
ok.js … 決まりきった関数 ほか コード表示
problems.js … イベント処理 (本題ではないもの) コード表示
samatage.js … 3D形状データ コード表示

フリー素材(上記一式)ダウンロード:

ZIP内の javascript.html を開くと自分のHDD内で同じ迷路のプログラムが動作します。

3Dmaze_JS.zip ZIPのダウンロード

※ただしZIP内に含めたモンスター2体(青い女の子と赤い巨人)の画像はイラストACというサイトに著作権があり <その画像ファイルだけフリー素材ではない> ので注意してください。


やや難しいモノが集まってる

すごく難しい計算というのはないけど、やや難しい計算や、やや難しいプログラムがわりと多めにあります。

たとえば、遠くほど暗くなっている色の計算方法とか難しそうではありませんか?近寄るほどにじわりじわりと明るくなって、いったいどうやっているのか…。

遠くほどZ座標が大きくなっています。10m向こうの物体と、20m向こうの物体のこの何mという離れ具合をZ座標としています。色が青色 ( R:0, G:0, B:255 ) だとして、また、一番遠くで一番暗くなる距離(Z座標)が300くらいだとすると、(分かりやすく言うと、300mくらいだとすると)

300の位置にある物体の青は ( ( 300 - 300 ) / 300 ) * 255 = 0 ( R:0, G:0, B:0)

200の位置にある物体の青は ( ( 300 - 200) / 300 ) * 255 = 85 ( R:0, G:0, B:85)

150の位置にある物体の青は ( ( 300 - 150) / 300 ) * 255 = 127 ( R:0, G:0, B:127)

0の位置にある物体の青は ( ( 300 - 0) / 300 ) * 255 = 255 ( R:0, G:0, B:255 )

式の中の 300 - …がないと、逆で、遠いほど明るく、近いほど暗くなってしまいます。

例では青成分だけ計算していますが、実際は赤、緑、青、全成分同じ計算をします。

…ということで、遠くにあるほど暗い色になり、近くにあるほど指定した色(例では青)になります。指定した色に距離から作った割合をかけてやることで色の明るさを下げてやるわけです。

割合とは 1%は 1/100 であって、50%は 50/100、100%は 100/100 ですよね。300を最大としたときに、距離が 50 のときの割合は 50/300 です。…が、300 - とやってるので、250/300 です。この割合を青の255に掛けると、距離に応じた暗さで 180 になります。 そういう計算で近寄るほどにだんだん明るくなるというのを実現しています。こういうのはすごく難しい計算ではなく、やや難しい計算ですよね。

やや難しいものが集まっているので、このスムーズな回転、移動のプログラムはそこそこボリュームがあると思います。(1つ1つはなんとか理解できるが、いっぱいあって組み合わさっているので大変だ、ということです)

h = x * ( s / z ), v = y * ( s / z )で3DCG計算ができて、sin, cosで何かモノを回すのが楽しいと思っているならば、このプログラムは基本的に作れると思います。


2016/8/14(日)

以下のJavaScriptでtest()を実行したときに、abcが123という値を維持しているんだけど、なんでだっけ…。aの実行は済んだんだからaの中で宣言されたabcは破棄されると思うけど、それが破棄されない理由が知りたい。

参照されているから破棄しない、かな。

function a() {
    var abc = 123;
    test = function() {
        alert( abc );
    };
}
function onloadx() {
    a();
    test();
}

2016/8/7(日)

イラストACにモンスターイラスト「レイス」をアップロードしてあります。

「イラストレーター dkawakawaさんのプロフィール」

http://www.ac-illust.com/main/profile.php?id=nOkKCGvO&area=1

絵を描くうえで必要な「描けないものは描かないという行動」について説明します。

fig.
▲自分の得意なぱっちり顔

最初こんな感じの顔で「レイス」を描いていました。

可愛いのは良いんですが、本当は「寂しそうなまなざしを相手に向ける」という様子を描きたかったんです。

レイスとは、まだ生きている人が ”これから死ぬ…!”、”親しかった人へ最後の別れを伝えなければならない!” というときに、その思いによって相手の前に現れる霊的な分身(生霊)のことを言います。

そのため、相手に対して優しいような寂しいような まなざしを向けるだろうと思って、かわいい顔を直そうと思いました。



fig.
▲どうやっても納得いくものにならない

「優しいような、寂しいようなまなざし」を求めて、2時間くらいかけて左のようなものになりましたが、仏像みたいになってしまってまとまらず、「前の可愛いほうがまだいいだろう」と思って、こちらは切り上げてボツにしました。



fig.
▲ぱっちり顔に戻して、無難な方向へ のがれた

この「切り上げてボツにした」というのが大事なんじゃないかと思うんです。

絵が上手に描けない人は、最初トライするのは良いのですが、「自分の思ったようにならない」と思った時点で恥ずかしくなってやめてしまうのではないかと思います。

私も上の図を公開しようというときは恥ずかしいと思いました。こんなはずじゃないという絵だからです。

うまくいかないのは、たまたま自分が苦手なものを描こうとしてしまったから描けなかったということであって、それは私のようにある程度自分が描きたいものをこれまで描いてきた人でもこの例の絵で示す通り同じです。慣れないものは描けません。(描けない原因は勉強不足、練習不足です)

うまくいかないなと思ったら、それは今後の課題として保留にして、自分の得意な方向に切り替えることが必要だと思います。(日本の体操選手も難しい最高の技へのこだわりを捨てて、1ランク下げた技に切り替えることで、ベストな点数を堅実に作り出していますよね)



ちなみに、描けない原因である勉強不足、練習不足についてですが、正当な方法は現実の物を見て、クロッキー、スケッチしたりすることだと思います。クロッキー、スケッチすることで苦手な対象を細部まで研究するように描くことになります。いっぽう、気楽な方法は誰かの絵を真似ることです。それはコピーするというのではなく「見様見真似」(人のするのを見て、そのまねをすること)ということです。最近はやりの面白おかしいゆるい描写だったり私の描くようなぱっちり目です。「みんなと同じように絵を楽しみたい」のなら見様見真似が良いでしょう。本格派でいたいなら現実を見ることになる(現実を元にして描き始め自分の絵を見つける遠くけわしい道)と思います。

最近はやりのゆるい描写というのは、たとえば、
私のこの目 の描き方のことだよ☆
よく見かけない?


む、昔は動物の毛を束ねて
筆にしていたそうです。
私も本格派になろうと思い、
自分の毛を使って…




 

2016/8/1(月)

下記URLは「イラストAC」の私のページです。今のところ、オーガーとノートパソコンを描いて登録してあります。会員登録すれば無料でダウンロードできます。

「イラストレーター dkawakawaさんのプロフィール」

http://www.ac-illust.com/main/profile.php?id=nOkKCGvO&area=1

最近失業し、再就職しましたが収入が減ったので、イラストで副収入を稼ごうと思いました。

稼げるか、ちっとも稼げないか、わかりませんが自分にとって面白い活動だと思います。

(お金がないときに、面白いも何もないけどね。ひやひや)


fig.
▲フリーウェアのシーケンサーで作曲

楽譜の本に作曲の方法が載っていたので試してみました。

誰にでもできる手順で説明しています。

左の画像リンクをクリックするとそのページへ移動します。

3DCGだけではなく、作曲も簡単な手順があるのでした。





ページ制作 homepage6047



ページの上端へ (もくじ開く)