Large Display Size Middle Display Size Small Display Size

2017 年 6月 の日記






2017/6/27(火)

fig.
▲絵を描くには その5

絵を描くには その5

ある人が好ましく見えて、イラストにしたら…と考えた。

しかし、ただ美しく描く方法では描けないと思った。

その人は美人には違いないが、ただ美人というわけではなく、見た目のいろいろな部分と、その人の行動についても、いろいろな要素が複合して人々に「好ましい」と思わせているからだ。

単なる美人ではないので、ただ美しく描く(美少女を描く)方法では描けない。

ただ美少女・美男子を描くだけでは、創作に行き詰ると思うし、視聴者も飽きると思います。安易な美人を描くよりも難しい個性を描くことのすすめです。

(挿絵などはいっさいありません)

左の画像リンクをクリックすると文書へ移動します。




2017/6/24(土)

fig.
▲3DCG教材プログラムの列挙

(以前からあるドキュメントとほぼ同じで、少し修正しただけです)

3DCG計算は難しい?

いいえ、実は中学校数学の文字式程度の計算で実現可能です。(一部高校数学を使用)

全17回で丁寧に説明しようとしていましたが、第3回~第17回については駆け足で説明します。

ワイヤーフレームから、陰面消去2種類、回転、視点変更まで説明しています。(ほとんど説明になっていませんが)



2017/6/18(日)

fig.
▲「電子機器組立暗記ツール」

国家資格の「電子機器組み立て2級」の実技のための暗記ツール「電子機器組立暗記ツール」(JavaScriptソフトウェア)を修正しました。

「電子機器組み立て2級」では基板上の部品の配置をすべて暗記しないと、試験に合格することは非常に難しくなります。このツールを使えば、暗記がスムーズに行えます。1級でも大きな基板は2級と同じなので使用することができます。

このツールは著作物と思われる基板写真を使用しているため、だれでも自由にダウンロードできるようにはなっていません。私にメールをする必要があります。

今回の修正:
  • 部品の名称が私個人の「略称」になっていて、私以外の方が見たとき、名前の意味が分からない可能性があったのを対処しました。試験問題用紙に記載の名称を表示することができるようになっています。
  • 添付のreadme.htmlにチュートリアルを記載して、使う人が迷わないようにしました。
  • トレイに配備した部品の並び順をランダムに置き換えられるようにしました。

左の画像リンクをクリックすると文書へ移動します。




2017/6/11(日)

fig.
▲どうしてそんなにRPGなのか

なぜみんなRPGに引かれるのか。

ゲーム開発者の生い立ちやRPGとファンタジーの歴史などの観点から個人的に考察しています。

左の画像リンクをクリックすると文書へ移動します。



2017/6/8(木)

右上の画像は怖い感じになりましたが、本気で戦う姿はこうかなと思って。

昨今のRPGでは、「美容室から出てきたばかりのような髪型だ」と、キャラのイラストがきれいすぎると批判されることがしばしばあります。どのRPGキャラもアイドルみたいで、生き死にを掛けて戦ってるようには見えませんよね。




2017/6/3(土)

Excel上に作成した図形を、ボタン1つでPNG画像ファイルに落とすプログラムです。

このプログラムのメリットは、たとえば、ホームページやゲームなどで使う画像をExcelで作る場合に、図形をPNG画像へ変換する作業を簡略化します。


あるページで画像を修正したい


画像が簡単な手順で修正された

 簡単な手順:

1. 画像作成のExcelにて

2. 画像を修正し、ボタンを押す


作業がボタン1つ押すだけになるので、画像の修正が気軽にできるようになります。

プログラムは後のほうに掲載してあります。

次の手順でプログラムを使います。やや専門的な 開発 タブをExcelに表示させたり、VBAというプログラム言語の画面を表示させたりするので苦手な方はご注意ください。


  1. シートに図形を置きます。
    1つのシートに図形を複数置くと、それらすべてが1つのPNG画像になります。
    つまり、1つのシートが1つのPNG画像になります。
    PNG画像のファイル名はそのシートのシート名が使われます。
    各シートにそれぞれ図形を置いてみてください。
  2. 以下の手順でExcelに 開発 タブを表示させる:
    1. Excelのリボンの ファイル タブをクリックし、左のリストから オプション をクリック。
    2. 開かれた画面の左のリストから リボンのユーザー設定 をクリック。
      すると左右に機能のリストが並んだ画面が表示される。
    3. 右の機能リストの中で、開発 という項目のチェックが外れていると思うので、これにチェックを入れて OK ボタンを押す。
      (※あとで 開発 タブを消したいときはこのチェックを外す)
  3. Excelのリボンの 開発 タブの コントロール>挿入 ボタンを押し、 フォームコントロール>ボタン を選び、シート上をドラッグする。(ドラッグはボタンの大きさを意味しています)
  4. マクロの登録 ダイアログが開くので、新規作成 ボタンを押す。
  5. VBAの画面が開かれるので、後に掲載しているプログラムをコピー&貼り付けする。
    (※VBAの画面が開かれた際の何も書かれていないSub~End Sub文は削除するか、後に掲載しているプログラムの同じ文の中身だけを貼り付けするようにする。意味が分からない場合は気にしないでください。大したことは言っていませんので。)
  6. VBAの画面からExcelの画面へ戻り、作成したボタンを右クリックして選択し、Excelの画面の左端の 名前ボックス にて、名前を UPD にする。
  7. Excelファイルを保存する。
    1. すると、「次の機能はマクロなしのブックに保存できません: VBプロジェクト」と出るので、いいえ ボタンを押す。
    2. つづいてファイルダイアログが開かれるので、ここで「マクロあり」のExcelファイルとして保存する。つまり、ファイルの種類から Excelマクロ有効ブック(*.xlsm) を選び、保存 ボタンを押す。
    3. さらにプライバシーに関する注意が表示されるので OK ボタンを押す。
      これでマクロが有効なExcelファイルが保存される。
  8. さっそく、作成したボタンを押すと、Excelファイルを保存したフォルダに シート名.png という画像ファイルができる。
  9. ボタンを右クリックして コピー して別のシートにもボタンを貼り付けすれば、そのシートでも同じ機能が使える。
    また、別のExcelファイルでもコピーして使いまわしできる。(ただし、その際はファイルをExcelマクロ有効ブックに変更する必要がある)

『シート上の図形を、PNG画像ファイルに落とすVBAプログラム』:

※下記ページに記載されているプログラムをもとにしていますが、わりと大幅に改変することになりました。

http://dukicco.hatenadiary.jp/entry/2015/03/18/233751

Sub ボタン1_Click()

'ボタン以外の図形をすべてを選択し、コピー
For Each myShp In ActiveSheet.Shapes
If Not myShp.Name = "UPD" Then
myShp.Select False
End If
Next
Selection.Copy

'図形をチャート内に貼り付けするといくつか問題が出る
'・正しいサイズが取得できないことがある
'・図形が複数ある場合、位置関係がずれることがある
'そのため、図形はビットマップとしてチャート内へ貼り付けする。

ActiveSheet.PasteSpecial Format:="図 (PNG)"
Set tmpshp = ActiveSheet.Shapes(ActiveSheet.Shapes.Count)
ACWidth = tmpshp.Width 'オブジェクトのサイズを取得(幅)
ACHeight = tmpshp.Height 'オブジェクトのサイズを取得(高さ)
tmpshp.Copy
tmpshp.Delete

'オブジェクトとほぼ同サイズの空のグラフを一時的に作る
Set Tcht = ActiveSheet.ChartObjects.Add(0, 0, ACWidth, ACHeight).Chart

'たまにPasteが失敗(Pasteされない)するのでPaste前に1秒待つ
Application.Wait (Now + TimeValue("0:00:01"))

Tcht.Paste 'グラフに画像をペーストする。

'グラフの枠線を消す
Tcht.ChartArea.Border.LineStyle = 0

'グラフの背景を透明にする
With Tcht.ChartArea.Interior
.ColorIndex = xlNone
.PatternColorIndex = 1
.Pattern = xlNone
End With

'エクスポート先はExcelファイルと同じディレクトリ。ファイル名はシート名。タイプはPNG(書き換えればJPG等でもいける。)
Tcht.Export Filename:=ThisWorkbook.Path & "\" & ActiveSheet.Name & ".png", filtername:="PNG"
Tcht.Parent.Delete 'グラフを削除する。

End Sub

2017/6/2(金)

来る7月に「電子機器組立て1級」の実技試験があります。

最近はその練習をしているので、自由気ままにホームページ更新ができないでいます。



ページ制作 homepage6047



ページの上端へ (もくじ開く)