Large Display Size Middle Display Size Small Display Size
印刷用 概要 キーワード 著者

このWEBサイトについて

Q. 説明が読みづらい、分かりづらい

このサイトは管理者である私が作成し、その後、誰の感想も聞かずに公開しています。

大勢が見る記事であれば、本当なら公開の前に第三者からの目で記事を検証してもらい、検証をもとに修正をして、それで大勢が読みやすい、分かりやすい記事になると思います。

そういう「第三者による検証の手順」を省いているので、読みづらく、分かりづらくなってしまっています。

私はなるべく初心者や一般人の方に対してわかりやすい説明を心がけていますが、残念ながら「第三者による検証の手順」が実現される予定はありません。

(記事を公開して3か月後、記事の内容を忘れ始めたころに、自分は第三者としてその記事を読むことがちょっとできる状態なので、そのタイミングで検証&修正する…という代替案もありますが)

Q. サイト全体のしくみ

 このサイトの各ページには、上にhomepage6047と画像で書かれたメニューバーが表示されています。
 その下にページの本文が表示されています。
 すべてのページがそういう形になっています。


▲メニューバー(赤枠)と本文

 メニューバーをクリックするともくじを展開し表示します(下図)。ここから各ページへ移動できます。移動先でも同じメニューバーが用意されているので、いつでも他のページへ移動できるようになっています。


▲メニューバー(もくじ)を開いたところ

 もくじはいくつかの四角い枠で区切られています。
 左端の「月別のページをリストした枠」(上図赤枠)と、カテゴリ別にした各枠(上図青枠)があります。

 左端の枠の月別の各ページは「2015年3月の日記」のような題名のページでその月の活動内容をまとめたページです。作ったページを紹介したり、普通の日記を書いたりしています。

 カテゴリ別の各枠は、これまで作ったページを掲載しています。

 その月の日記で 作ったページを紹介すると、たいていはカテゴリのほうにも登録するようにしています。

 メニューバーの中で、homepage6047というタイトル画像(下図左上)は、クリックするとトップページ(今月の日記)へ移動します。メニューバーの展開も行われます。
 となりの青い もくじ ボタン(下図右上)は、押すと開いたもくじを閉じます。




 下図のように、開いたもくじに並んでいる各ページへのリンクには、頭に数字が振られており、これは ページの面白さ を表しています。



 これらは私がだいたいこれくらいかな?と思って決めたものであり、アクセス数が多いとか、反響があったとか、そういうことではないです。
 一般的な視点で面白さはこれくらいかな、と思って決めたり、そうでなかったりするので、電子回路としては面白いはずのものでも、一般の人から見てわからないページなら、面白さは3(普通)にしていたりします。そのへんあいまいです。

※もくじに並ぶ各ページはテキストリンクになっており、ちょっと先のページがイメージできずクリックしづらいですよね? 改善すべき点です。

以上、サイト全体のしくみでした。

Q. 表示デバイス

 デバイスとはパソコンやスマートホン、携帯電話のことです。端末とも言います。

 インターネットブラウザがあれば、どのパソコンでも表示できます。
 スマートホンのような小さなデバイスでも表示できるような配慮を(ある程度)行っています。

 ごく一部のページでは キーボードでの操作 を前提にしており、タッチ操作が主体のスマートホンなどでは操作できない場合があります。

Q. リンクしたい

 断りなく自由にリンクしてください。
http://homepage6047.sakura.ne.jp/ がトップページです。
 リンクしたことをメールや掲示板で連絡していただいても もちろん結構です。お返事いたします。

 バナーを使いたい場合はこれを使ってください。


 最近はウェブも進化して、バナーのアクセシビリティ(どんな人でも利用できること)について問題が指摘されています。
 画像だけだと、テキストベースのブラウザでは情報が伝わらない、視力の弱い人には同じく伝わらないそうです。
 例えばIMGタグにALT属性を付けたりテキストを添えて、このようにすると良いかもしれません。

homepage6047 個人ページ
homepage6047 個人ページ


HTML
<a href="http://homepage6047.sakura.ne.jp/">
<img alt="homepage6047 個人ページ" src="homepage6047.png"><br>
homepage6047 個人ページ
</a>
※画像はダウンロードして自分のサーバーに置いてください。

Q. ソースコードや画像を自分の作品に使いたい

基本的に自由に使ってもらって大丈夫です。
つまりこのhomepage6047というサイトに組み込まれた画像やプログラムはなんと一部を除いてほとんどが「フリー素材」です。ただし以下の3点には注意してください。
ちょっとごちゃごちゃしているので、わかりづらいと思いますが…。

  1. このhomepage6047というサイトに組み込まれた画像や音楽で、Windowsのスクリーンショットや、あるホームページのスクリーンショット、他のフリー素材サイトを利用した画像・音楽などは、homepage6047の「フリー素材」ではありません。homepage6047のフリー素材として使わないように注意してください。
     
  2. 私が著作権を主張したい場合は、そのページの一番上の誰でもわかる場所に大きく目立つように「著作物なのでコピー(出版)しないようにお願いします」と明記しておきます。その場合はフリー素材ではありませんので、自由に使わないようにして下さい。
     
  3. 日本の憲法で著作人格権というものがあります。私もあまりよく分かっていないのですが、私が作ったものに対して、みなさんが「私が作った」と言ってはいけないという法律だと思います。法律でなくても、普通の常識でそのへんは誰でもわかると思いますので、みなさんのほうで普通の使い方をしてください。

    ※なんにせよこのホームページの作者は、あまり怒らないので気軽にしてください。
    ※それでも自由に使っていいのか不安な場合は、私にメールで「このコンテンツを使いたいのですが良いですか?」と聞いてください。私は「OKです」とたぶん答えます。みなさんのメールが迷惑メールに振り分けられたりして私からの返事が得られない場合は大丈夫なので「OK」だと思ってください。

以下は具体的な事例です。

Q ソースコードをコピーしてそのまま使っていいでしょうか?

使ってOKです。
「そのまま」というのが気になる場合は以下の方法を参考にしてください。
  1. ソースコードの書き方の流儀を自分のものに変更する。
    function test() {

    }
    ↓変更
    function test()
    {

    } (ブロックの大かっこの最初をどこに置くかを変更)

    また、

    var y = ax[ i ] + b;
    ↓変更
    var y=ax[i]+b; (半角スペースを加えない流儀に変更)

    …などなど。

  2. 式中の計算の順序を変更する y=ax+b →変更→ y=b+ax
  3. コメントをすべて削除して、自分なりに新しい説明を加える。
  4. 変数名や関数名に同じものを使わないように変更する。
    …などなど。
Q このホームページで説明されている内容と同じ内容の説明を自分のホームページでも あらためて行いたいのですが。

自由に行ってください。
営利目的の場合でも(正直言うと連絡があると気持ちが楽なんですが)、自由に行ってください。

個人でも営利目的でも、表現の背景にある「アイデア」や「コンセプト」については著作権の対象外なんだそうです(著作憲法における「表現/アイデア二分論」)。このホームページの説明の「何をどのような方法で説明しようとしているか」は、この「アイデア」や「コンセプト」に当たるでしょう。でも、どこまでが「アイデア」「コンセプト」なのかは難しいので注意が必要です。

「何をどのような方法で説明しようとしてる」
アイデアやコンセプト
(著作権の対象外)
たとえば、「3DCGでのサラサラ髪の毛の作り方」をホームページで説明しよう。
この作り方の具体的な手順もアイデアであり著作権の対象外だと考えられる。
その具体的な表現
(著作権の対象)
たとえば、説明文そのもの、説明のための図そのもの。同じデザインの図。

私が間違っていなければ法律はこうなっていますが、とはいえ、元のページの作成者の気持ちを考える必要はあると思います。ずるいと思わせるようなことはしないほうがいいでしょう。

もっとよく知りたい人は勉強してください。

http://gihyo.jp/design/serial/01/copyright/0004

Q. クオリティ(作成物の質やセンス)

 たまにチープで、脱力系です。

 たとえば、どのインターネット・ブラウザでも搭載している「JavaScript」というプログラミング言語で、マウス操作のドラッグ&ドロップのプログラムを作成し、このホームページで紹介した際、「ドラッグ」や「ドロップ」という言葉に注目し、薬(drug)と飴玉(drops)の挿絵を平気で入れたりし、その説明まで本文中に記載したりしています。


▲横道にずれやすい


▲脱力なイラスト

 専門的な小難しさから外れて、一般の方の目線で(わからない人を置き去りにしない)という心がけや、B型(筋道建てが苦手)、型破りなどの管理人の性格からこのような路線になっていると思います。

Q. アクセス解析はしてますか?

 アクセス解析は基本的に行っていません。

 今日のアクセスは何回、累計何回、どのページが何回、などのカウントを行っていません。

 また、あなたがこのページを毎日見ているとか、全然見ていないとか、どんな端末からアクセスしてきたとか、さらにIPアドレス、どこのページのリンクからやってきた等、そういう情報を記録していません。

 ただし掲示板ではセキュリティ上の理由から 書き込みした人のIPアドレス を記録するようにしています。

Q. 連絡したい

メールでの連絡はこちら:



※スパムメール防止のためこの文字は画像になっています。

掲示板での連絡はこちら:


ページ制作 homepage6047


ページの上端へ (もくじ開く)