test
/cgi-bin/prj/
[20180203-3DCG] [20180306-home/RPG開発]
small display size
medium display size
large display size

 




homepage6047 Top Page 2018年 9月

プログラミングやRPG(作るほう)が好きな人の日記

2018/9/18(火)

fig.
▲スムーズに動く

JavaScript「スムーズに動く3D迷路プログラム」

セガの昔の RPG の「ファンタシースター1」のダンジョンみたいにスムーズに回転する迷路プログラムです。

プログラムリスト

左の画像リンクをクリックすると JavaScript を実行します。





2018/9/15(土)

今月のトップページの JavaScript は「多重スクロール」

毎月このホームページのトップページの冒頭に JavaScript によるプログラムを動かすようにしています。

今回は4回目(4か月目)です。

今月は、日本ファルコムのPC-88/9801用アクションRPG「ワンダラーズ・フロム・イース」(1989年発売)で話題になった「多重スクロール」というプログラムをまねしました。

今でこそ、JavaScriptで比較的楽に作れちゃう多重スクロールですが、当時は十数MHzのCPU上でアセンブラ(人間がハードウェアに直接命令を出すことを基本とするプログラミング言語)を使用してグラフィックメモリに直接描く等していたんだと思います。


←雲

雲の形なんですが、これは自分で撮影した写真に写っていた雲を見ながら描きました。

雲の写真は、ネットで「雲 写真」と検索すれば簡単に取り出すことができ、私も最初はそれで雲の写真を探していたんですが、それだと、なんの苦労もしないで創作ができてしまい、たぶんそのできばえはイマイチになると思うんです。

しかし、ネットの写真で作ったものと、自分の写真で作ったものを もし比べたら、たぶん見分けはつかないと思います。

ではその2つの何が違うのか…。ネットから持ってきたか、自分で用意したものか、という属性が異なっています。異なっているのはそこだけです。どうしてその違いにこだわるのか…(今考えてます)

わからない…。


←タイトル

あとタイトルですが、fromの位置がなんか変だなと思うところとか元のゲームの画面を再現しました。


一介のアマチュアプログラマーが、当時は難しかったプログラムを一晩で実現できてしまうなんて、最近のコンピューター環境はどうなってんだ、と思ってしまいます。

画像を左から右へ少しずつ動かす、というのはちょっとプログラムができる人なら、だれでもできますよね?その動かす量を 多め、中くらい、少なめ の3種類で3つの画像を動かせば多重スクロールとなります。しくみはこれだけなので、後はCPUの処理速度さえあれば一晩でできてしまうということです。(私はいつもですけど、難しいことは言っていない、難しいことはやっていない、と思うんで、分かってほしいと思います。でもぶっちゃけ、私のやってることは難しいと思いますかね?)

あと、こんなダイナミックな画面でアクションRPGを遊ばせてくれたなんて当時の日本ファルコムはだいぶイケてる会社だったんだなと思います。


プログラムリスト

※プログラムリストは分かりやすく書いていません


2018/9/9(日)

このところ、右腕を故障(椎間板ヘルニアの影響)しているのでプログラミング等は控えています。

ガンプラ

ガンプラ 1/144 RX-77-2「ガンキャノン」HG (¥800)

素組み

スマートホン KYOCERA URBANO L03 HDRモード で撮影

パッケージ 説明書ポーズ再現
「説明書表紙」
説明書ポーズ再現
「240mmキャノン砲発射体勢〈メモリアルアクション〉」
説明書ポーズ再現
「ビームライフル発射状態」
説明書ポーズ再現
「戦闘状態〈アクションポーズ〉」
説明書ポーズ再現
「SPEC(各部位説明)」
自由ポーズ
アップ
自由ポーズ
片ひざつき
自由ポーズ
直立

4年くらい前、川崎にいたころに、ヨドバシカメラで購入したガンキャノン。

(わざわざヨドバシまで出かけて購入したのがガンキャノン)

最後に頭を作れば完成、の状態で3年くらい放置していたが、今日残りの頭を作って完成したので撮影しました。

ガンプラHG(ハイグレード)シリーズの001番目です。

たしかHGガンキャノンのVer2.0みたいなのが出ていたはずだけど…これはこれでカッコイイですね。

1/144 HGの第1作目でありながら「片ひざつき」ポーズが取れるのはさすがバンダイですね。

作っていないOR作り途中のガンプラは他に、「MGストライクルージュ」、「HGグフ」、「HG UCガンダム デストロイモード」、「MGギラドーガ」があり、作り済みは「HGドム」、「HGクシャトリヤ」を持っています。それだけです。

ガンプラって「買うだけ」で作らないでも、消費(楽しみ)として成り立つんですよねぇ…。まだ手を付けていないのに次のを買ってしまう。


ところでガンプラの完成品をこのように掲載することについて、著作権ってどうなってるのかなと思って「ガンプラ 写真 著作権」をキーワードにして検索(Bing)しました。

すると、、

ガンプラというのは、著作権は「機動戦士ガンダム」というアニメを制作した会社(サンライズや創通エージェンシー)にあるそうです。そしてバンダイはその会社から許諾を得てガンプラを製造しているそうです。

そのバンダイとしてはガンプラの完成の写真をネットに掲載することは「原則としてお断り」しているんだそうです。

(ここまで書いた時点で上に掲載の写真には黒塗りはしていなかったんですが、思い立って黒塗りを行いました。黒塗りすればOKというわけではないですが…)

いろいろ難しいんですが、私の言葉は間違っているかもしれませんが、会社としては建前としてはそう言わざるを得ない、っていうのかなぁ…、そうとも限らず、実際許可するといろいろな問題の可能性がある…かもしれないし…。

著作権の問題って、コピーしたものがどれだけ鮮明かというのもポイントになるみたいで、昔のように音楽のレコードからカセットテープへのダビングは音質はだいぶ劣化していて、製品とはかけ離れたものであり、大きな問題にはならなかった。しかし、最近はデジタルで製品同等のコピーが可能になっているので、製品の販売がさまたげられ、問題になっている。そういう観点で私のように写真に黒塗りを行って、劣化させて掲載することは著作権の問題がやわらぐんじゃないかなと。

それでガンプラの著作権の問題を知りつつ、おそるおそる黒塗りで「いいかな?」と思って掲載しているわけです。でもこんな黒塗りじゃぁ痛々しいな。

あと、このホームページが全然人気がないので、まぁ問題として取り上げられることもないでしょ、、というのもあります。まさか田舎の田んぼ道に信号機設置して赤なのに進行したからって検挙されたりしないでしょう。都会なら別ですが。でも最近はちょっとせこいだけで知事も辞職に追いやられる世の中だからわからないけど。

私のこの文章を読んでいる方で同じような写真を掲載している方がいたとしても私は何も悪く言いません。とにかく、どこからどこまで可でどこまでが不可なのか、この精神的に不健康な状態が改善されると良いですね。


カラオケ

久しぶりにカラオケへ行ってきました。1名、1時間、DAMで、ドリンクバー制で700円くらいでした。

本当はマイナー曲の多いJOYSOUNDが良かったんですが、日曜だったので混んでいて、私が行ったときはDAMの2部屋しか空いておらず、DAMとなりました。しかもそこはパーティルームでした。

恥ずかしながら歌った曲は…

パーティールームで裸足になってソファの上に立ち、こんな曲を1時間、おどりつつ歌っていました。

どの曲も女性ボーカルなんですが、私は男ですよ?

ミスチルなど男性曲をほんとうは歌いたいんですが、発声が難しくて歌えないんですよ。

DAMは昔よりも進化していて、リモコンが要塞みたいにでっかくなっていました。

「カラオケ業界の巨人」と言われたシダックスが撤退して、カラオケ業界が衰退しているっていうのは、ほんとかなと思いました。歌っててこんなに楽しいのに。

カラオケは健康に良いんですよ。


2018/9/1(土)

9月に入って、夏も終わり、ホッとしています。

最近のできごとを5件書きます。

1/5件目 D&Dを購入

fig.
▲届いたD&D

コンピューターRPG、テーブルトークRPGなど、すべてのRPGの元祖である「ダンジョンズ&ドラゴンズ」(テーブルトークRPG)を購入しました。

RPGが世に現れたとき(1974年)、人々はRPGの何を面白いと思ったのか。

なんらかのエッセンスを得られればと思います。

テーブルトークRPGは何人か集まって話し合いをしながら進めるRPGなので、一人では遊べません。

でもちょっと、同梱のルールの本を読んでみたところ、確かに面白そうだと思いました。その面白そうだというのは、、

自分のキャラクターを作って、司会者(ダンジョンマスター)が語る冒険の場面において、自分のキャラの多様なスキルを駆使して場面を切り抜けていく…。サイコロを振ったりして自分の運も関わっているので、ゲーム性がある、、

そういう発見を自分のコンピューターRPGづくりに活かせたらと思います。

私は今までテーブルトークRPGというものはやったことがなかったし、これからもやる予定はないと思います。このゲームは人と面と向かって、自分の考えをアドリブで(リアルタイムで考えて)表現して遊ぶゲームなので、人間関係に四苦八苦している私には難しいんです。あくまでも資料として購入しました。

ちなみに、歴史上で「D&D」の前に何があったかと言うと、「チェインメイル」という中世ヨーロッパの戦争のボードゲームと、トールキンの指輪物語などの剣と魔法のファンタジーがありました。その2つの融合がテーブルトークRPG「D&D」であり、当時のゲームファン、ファンタジーファンの人々に瞬く間に大ヒットしたそうです(Wikipedia「D&D」より)。それ以前にRPGの歴史上の記録はありません。「D&D」はすべてのRPGの元祖で、今回購入したのはその第5版(バージョンアップの5回目)です。スターターなので入門版です。



2/5件目 牛久大仏

fig.
▲牛久大仏(左下の帽子は私)

お盆休みに家族で茨城県の牛久大仏を見てきました。

左の写真がそれです。

写真の左下の帽子をかぶっているのが私です。

この大仏、中はミュージアムのようになっていて、神社の施設も入っています。

観客は胸のあたりまで登って観覧できます。

下から見上げると迫力がありました。



3/5件目 椎間板ヘルニアにかかってしまった

椎間板ヘルニア(背骨は缶詰みたいなブロック状の骨が塔のように積み重なっていますが、そのブロック状の骨の間の、柔らかい部分が飛び出して神経をつついて痛いというもの)になりました。

首筋から右肩にかけて、動かすと激痛が走ってきびしいです。

右手の指先もしびれ始めて、左手で触ると少し他人の手を触っている感じがします。

大丈夫かな…


4/5件目 iTunesで映画「セレニティ」を観ました

(2005年アメリカ/SF/1:59/一般評価★★★☆☆/私評価★★☆☆☆

ドラマ版ターミネーターの少女ターミネーター役の人が出ていたりしますが、あまり面白くなかったです。

表面ばかり作っていて、中身がない感じかな…。でも、冒頭部分だけは面白い感じでした。


5/5件目 iTunesで映画「ハンガーゲーム2」を観ました

(2013年アメリカ/アクション/2:26/一般評価★★★☆☆/私評価★★★★☆

面白かったです。

戦いに入るまでの序盤が長いという意見(他の方のレビュー)もあるんですが、「戦いも好きだけど人間ドラマも好きだ」という人には苦にならず、戦いのシーンもしっかり1時間程度見られるので楽しめるのではと思います。

3も続けて見たいと思わせたから★を4にしました。


一番上へ